未来構想プロジェクト

【目的】

茨城県サッカー協会の10年後、50年後の未来を見据えて、今現在何に取り組むべきかを戦略的に考えるためのプロジェクト。

【経緯】

茨城県サッカー協会の各委員会(18個の種別・専門委員会)から中心となる人材を集めて、2016年から「理念」、「ビジョン」、「ミッション」を見直して再構築した。

また、ここで定めた「理念」、「ビジョン」、「ミッション」の実現に向けたアクションプランを各委員会で策定し、2018年から具体的な活動に反映して取り組んでいる。

今回2020年2月11日「未来構想PJ委員会」について

 未来構想PJアクションプランを基に活動した2年間で課題となった下記8つのテーマについてグループディスカッション・発表を行った。

  1. 選手減少に伴う対策
  2. 審判育成
  3. 指導者育成
  4. 選手育成・強化
  5. 広報
  6. マーケティング
  7. インクルーシブ
  8. フットボールセンター

担当委員会以外の様々な視点からの意見交換により、今後に向けた取り組みの起爆剤となる内容となった。